引っ越しの際には不動産に内見を依頼してみよう

内見をすることで不動産が提示する物件案内をより理解できる

借りる前に内部見学を行ってみよう

引っ越しなどを行う際に、間取りなどを書面で確認することがありますが、やはりどういった部屋かを直接確認することが大切です。そのため、ひばりヶ丘には「内見」と呼ばれる内部見学ができる不動産が多くあります。

内見で確認しておきたいポイント

  • 不動産スタッフの人柄
  • 共用部分の清掃状態
  • 部屋の壁の厚さ
  • 日の当たりぐあい
  • タバコなどの匂いがないか
  • 水回りがきれいな状態か
  • 家具家電が置ける場所の確認
  • 通信環境の良し悪し
  • ドアや窓がスムーズに動く
  • 耐震性の強さ

引っ越しの際には不動産に内見を依頼してみよう

つみき

物件の周りに施設にも注目

賃貸を借りる際に部屋が素晴らしいと感じても、周りに施設が何もないととても不便です。コンビニやスーパー、病院などの施設が、その物件とどれくらいの距離にあるかをきちんと把握しておく必要があります。志木の不動産では、物件から施設までの距離や時間を教えてくれることがあります。

室内

内見は最低でも二回行おう

多くの不動産は、部屋が最も快適とされる時間帯を選んで内見を行います。そのため、午前中は日当たりがよくても、午後は日陰になってしまったなどの状態が発生してしまうこともあります。1回で決めるのではなく、何回かに分けて見学することで、その物件が本当に住みやすい場所かを判断しましょう。

家族

二階以上の場合は注意しなくてはいけない

よくセキュリティの関係で二階以上の物件を借りる人がいますが、その際に注意しなくてはいけないことがあります。それは、一階が飲食店などでないかの確認です。飲食店などになると、調理場などの煙で洗濯物などに匂いが移ってしまうことがあります。また、害虫が発生しやすい環境にもなってしまうため、気をつけなくてはいけません。

自分の住みやすい環境を自分で探し出す

内見は物件を見るだけでなく、その周りの環境なども大きく関係してきます。どんなに部屋がよくても、環境が悪い状態だと生活していてストレスを感じてしまう可能性があります。自分にとって住みやすい物件を探し出しましょう。

広告募集中